ビリビリナース

スローライフ系ゆとり夫婦が楽に生きる話

好きな街は風流のある街


f:id:yurimaeponpon:20181019172519j:plain

今週のお題「好きな街」

 

アウルです。私が好きな街は風流を感じる街が多いですね。

今回は温泉地以外で考えてみました。

西から順に

 

 

1.京都

鉄板の京都。金閣銀閣清水寺嵐山あたりの鉄板からマイナーだけどいい感じのスポットが沢山あります。平安京の所在地なので平安時代の物が多いかと言われるとそうでもなく、室町時代〜江戸時代あたりのが多い気はします。将軍がどこにいようと首都でしたし。

f:id:yurimaeponpon:20181019175905j:plain

 

2.近江八幡

京都はみんな知ってるのでホントに紹介したいのはここから。昔の近江=今の滋賀県 は京都の横にあり、東側サイドにとっての京都への通り道でした。人や物の行き来が激しく近江商人という言葉もできるくらい経済活動が盛んな土地でもありました。

信長の居城だった「安土」、秀吉最初の城である長浜城と黒壁スクエアと鯖そうめんが有名な「長浜」、彦根城が立派な「彦根」、県庁所在地「大津」、交通の要所「米原」、天台宗「比叡山」、アウトレット「竜宮」と実は層が厚い滋賀県でも今回紹介したいのは「近江八幡」。位置的には竜宮に近いです。

豊臣秀次のゆかりの街で特徴は「川」です。

f:id:yurimaeponpon:20181019180024j:plain

 

 

3.金沢

前田氏が入ってから急速に発展した金沢なので、江戸時代の匂いが強い街です。後述の川越との差はより「武家」の色が強いということでしょう。

以前こちらでまとめました↓

 

www.yutorifufu-raku.com

 

 

4.諏訪

諏訪湖の周囲に4つの諏訪大社がある長野県諏訪地区。諏訪湖は君の名はの糸森湖のモデルとなったことで若い人にも認知度が上がったのではないかと思います。湖を取り囲むように光る街並みの夜景は絶景です。穏やかで神秘的な街でした。

f:id:yurimaeponpon:20181019180229j:plain

 

5.川越

東京から近く、縁結びで有名な氷川神社があるためいつも賑わってるイメージがあります。京都の文化を取り入れた街を小京都と呼ぶのに対し、川越は小江戸と呼ばれ江戸の面影を残します。

f:id:yurimaeponpon:20181019180332j:plain

 

6.鎌倉

こちらも東京から近く週末は非常に混雑する鎌倉。しかし鎌倉〜江ノ島にかけての雰囲気がとても好きです。元々が海の側の出身だからなのかもしれません。

f:id:yurimaeponpon:20181019180457j:plain

 

次は倉敷あたりを攻めたいなと思ってます(*´∀`*)