ビリビリナース

スローライフ系ゆとり夫婦が楽に生きる話

9月場所 大相撲新番付 感想

アウです。

出ましたね。番付。

横綱勢は前場所全員休場。順番は変わらず。

大関勢は新大関栃ノ心が休場でしたね。現在まだ回復しきってないようですね。

大関勢も順番は変わらず。前場所状態の悪そうだった高安は回復しているでしょうか。

 

今回の注目ポイントは関脇ですね。

横綱、大関の番付順は前場所の成績の上位だった順から並びます。同じ星の場合は前場所上位がそのまま上位です。

そして関脇もそうでした。琴奨菊大関昇進直前の場所ではその前場所の成績から琴奨菊と稀勢の里が東西入れ替わりました。

 

しかし近年、考え方が変わったのか、琴奨菊大関陥落の次の場所は関脇は順に、玉鷲高安琴奨菊で成績はそれぞれ8.12.9勝でしたが、順番は変わりませんでした。その次の場所西関脇から高安が大関に昇進しました。

 

そして今回東関脇は8勝の逸ノ城、西は13勝で初優勝の御嶽海。東西入れ替わるか微妙なとこでしたが、今回変わりました。

ダイエットした逸ノ城、大関の期待がかかる御嶽海。ともに注目です。

 

小結勢は東で勝ち越しの玉鷲がそのまま、東小結。西には2度目の3役となる貴景勝となりました。上位が万全でないのでチャンスかもしれません。

 

幕内上位では前場所千秋楽、優勝の決まっていた御嶽海を場所1番の内容で破った豊山が二枚目に入りました。一回跳ね返されましたが今回はどうなるでしょうか。

 

またケガの具合がわかりませんが、上位喰いの遠藤も三枚目にいます。

 

色々不祥事はありましたが、時代の変わり目となっている現在の大相撲、見どころは多いと思います。