ビリビリナース

スローライフ系ゆとり夫婦が楽に生きる話

大人ってなっがいよー

わたすです。

わたす、アウさんが仕事にいってる日の休日、干物女のように過ごしていることあります。ただ、アウさんと一緒に暮らし始めて、前髪のちょんまげはやめましたが…

やはり仕事で一生懸命働いて、その後の休日は干物になりやすいですねぇ。


そんな干物女になっている時、CMでとてもわたしの中でしっくりくるキャチフレーズがありました。ある飲料水CMの「大人って長っがいよー」です。

果たしてこの言葉か飲料水に適したキャッチフレーズかはさておき、わたしは最近思っていること似ていてしっくりしたのです。

学生の頃は受験のため勉強、テストで追われ、あー早く
大人になってテストのない世界に行きたいと思った事があります。

ですが、いざ社会人になってみると、働くことへの責任というものが出てくるのです。組織の中の一員、決まりごとも増えます。責任が増えます。学生の時とはまた違った大変さが出てきます。今は家族というものができ、働く、稼ぐ理由というものがみえてきましたが、独り身の時はこんなに頑張って働いても、何がわたしに返ってくるのだろう、何のために働いているのだろうと悩んだりもしたものです。

働く、子育て、働く…
もちろん楽しさはあると思います。ですが、この大変さから解放される時っていつなんだろうって思ったら、老後??って思ったわけです。

老後はのんびり過ごしたい、自分の好きなことをして過ごしたい


そんなの健康でないとなりたたないです。

旅行に行きたくても、健康でなかったら思う存分楽しめないと思うし。
お城巡りをしたいって思っても、体力がなければあの急なお城の階段上がれません。楽しめる範囲で楽しんでもいいと思いますが。


大人って長っがいなー、長っがいよー
って思いました。
その年代ごとに発達課題があり、人生いつの時も課題がつきものなのです。
大変だなぁって思います。でもその課題をひとつずつクリアしていきたいですね、という綺麗事を言ってみたりもしましょうか。ふふふ。


わたす、この長い大人の人生、楽しむためにやはり健康でいたいです。減塩から始めましょうか。
f:id:yurimaeponpon:20180612220949p:plain


人生を
全うするには
減塩だ